企業のロゴをデザインする

HOME » ロゴマークのメリット » 企業のロゴをデザインする

企業のロゴをデザインする

・企業を売り出すときに効果的な手段
新規に企業を立ち上げるときにまず意識することは、いかに企業の名前や売りたい商品の認知度を高めていくか?という点で、これは取引先となる他企業はもちろん、顧客ターゲットとなる消費者に対しても同じです。
その両方に対して効果的な宣伝ができれば、新規の企業も徐々に信頼を得ていき、軌道に乗ってくるでしょうから、まずはしっかりと宣伝できるように動き出してみてください。

そういった意味で企業を売り出す第一歩になるのが、企業のロゴをデザインすることで、これはどんな企業であっても必ず考えなければいけないところです。
企業のロゴは非常にいろいろなバリエーションがあって、誰もが知っている大企業のロゴは見ただけでどんな商品を売っているところかわかるものがほとんどですし、中小企業の中にも魅力的で一度見たら忘れないロゴを制作しているところがたくさんあります。
それではロゴをデザインするときに意識しておかなければならないのはどんなことなのでしょうか?

・デザインにオリジナリティはあるか?
ロゴをデザインするうえでもっとも重要な要素となるのは「オリジナリティがあるか?」という点で、どれだけ魅力的な企業を立ち上げてもロゴがどこかで見たことあるようなものだと、どうしてもイメージがよくありません。
たとえば大企業のロゴと酷似してしまっていると、意図していなかったとしてもパクリに思われてしまいますし、他企業や顧客はそう言った事情もわかりませんのでたちまちイメージが定着してしまいます。
一度悪いイメージがついてしまうと、現代の情報社会では覆すことがなかなか難しくなりますので、最初の段階でしっかり配慮しておきましょう。
逆にロゴのデザインにオリジナリティが感じられれば、たちまち話題になって認知度を高めるきっかけになる可能性もありますし、ロゴはメリットもデメリットも両方あることを覚えておきましょう。

・ロゴは企業イメージに合っているか?
そしてどれだけインパクトがあってオリジナリティのあるロゴでも、それが企業イメージと異なってしまっては意味がありません。
したがって企業のロゴをデザインするのであれば、カラーはどうするのか、何かモチーフにしたいものはあるのかなど、デザインの基盤となるものをピックアップしていきましょう。
その基盤を軸にしてデザインしていけば、企業のイメージに合った、オリジナリティのあるロゴが制作できるはずです。